土地を売る時の不動産会社の選び方

土地を売る時には、やはりいい仲介会社と担当者に出会うことが、大きなポイントとなります。
それでは、不動産会社選びについて、どんなところに注意していけばいいのかについて、次に触れていきたいと思います。
1.業界団体加盟の有無ー不動産会社が業界団体に加盟しているかどうかが、大きなポイントです。会社が業界団体に加盟していると、トラ
ブルがあった際にも業界団体の苦情窓口に相談できるため、安心です。
主な不動産業界団体は、5団体があります。業界団体に加盟するには審査があったり、規約の自主規制を受けるなど、信頼できる不動産会社
を見つける一つの指標となります。免許番号と一緒に記載があることが、殆どなどで確認しておくと良いです。
2.免許の数字で営業年数を確認ー免許番号の「(  )」内の数字で、その不動産屋の営業年数が分かります。
免許番号を確認してみることです。不動産業は免許が必要です。当たることは滅多にないとは思いますが、まれには無免許業者もいるとのこ
とです。免許番号は会社ホームページや事務所、広告に記載されています。
また、免許番号の中にあるカッコ内の数字に注目です。この数字は宅建業免許を更新するごとに増えていきます。
たとえば、(4)とある場合は、3回更新されているということになります。
更新はどれぐらいの期間で行われているか、というと、1996年4月1日以前は3年ごと、それ以後は5年ごとの更新となっています。
(1)と番号にある会社は、まだ免許を取得し5年以内だということになります。
3.その会社の得意分野と売りたい物件が一致するかー不動産業界も数は多くて、それぞれに土地、一戸建て、マンション、農地、工業用地、賃貸
など得意分野があります。
一方、悩むのが「大手がいいのか、地元の中小規模の会社がいいのか」ということです。
大手は情報量は確かに多く、物件の情報が広い範囲で流されます。中小業者は、地域密着なのでその地域に詳しく「このエリアで探したい」
という顧客に強いです。
これらの諸点を考慮して、自分に適した不動産会社を選ぶようにしましょう。

・土地を売る前に読んで欲しいサイト
>>土地売却で300万円も損をしない方法とは?ネット査定で高く売る