部屋探しをする時に覚えておきたい不動産屋の上手な使い方

近々地方から上京して進学したり、転勤する予定のある人の中には、自分で不動産屋に行って一から部屋探しする人も多いでしょう。
部屋探しをする鉄則としては、全てインターネットに頼らず、出来る限り自分が将来住む地域近くの不動産屋に足を運ぶ事を心掛けないといけません。
不動産屋に直接足を運ぶメリットとしては、インターネットでは公開されていない優良物件を多く知っていたり、数多くの近隣の大家さんと提携しているので紹介案件が豊富という点があります。
しかも不動産屋には更に2パターンの業種に分かれており、主に管理業者と仲介業者の2種類があります。
管理業者の場合は、不動産屋さん自身が直接大家だったり、複数の大家から依頼されて幾つかの部屋を管理している業者の事を言います。
つまり親しい大家が周囲に多いので、リーズナブルに物件探しをしたい人に代わって代理で家賃交渉をしやすいメリットがあります。
一方仲介業者は、幾つかの管理業者から部屋情報を片っ端から集めて、とにかく豊富な数の物件情報を紹介する不動産屋になります。
利用者にとっては多くの部屋候補を検討できるので良いですが、他社でも同じ情報を共有しているので、残念ながら単独で極秘の物件を紹介して貰える事は少ないです。
正直部屋探しは不動産屋さんとの共同作業になるので、ありのままに自分が希望する物件の立地条件を伝える事ができたり、内見した部屋の感想を正直に話せるような相性も大切になります。
そして目標予算もきちんと提示し、不動産屋に紹介されるがままに契約を進めてしまわないように、ある程度強い意志を持って部屋探しするのをお勧めします。